京都のれん株式会社のオリジナルのれんとは?

京都のれんは、職人と顧客との間を取り持って、オリジナル製作ののれんの注文を
幅広い範囲で扱っている事で定評がある販売店です。

従来ののれん製作の様な本染めから、新しい技術のインクジェット印刷まで
状況に応じて、あらゆる製法を駆使してくれます。

のれんの製造技術

従来ののれんは本染めで作られる物であり、そちらの方がより深いグラデーションが出来る等多くのメリットがあります。

ですが、近年印刷技術の大幅な向上により、機械製作ののれんであっても
そのクオリティは相当に高いレベルになってきています。

そういった現状を踏まえて、どちらのパターンであっても
高品質な製品が作れる様に研鑽して来ました。

天然繊維の本染めのれんと、インクジェット印刷の両方の品質や
納期についての長所と短所の特徴を熟知しているならば
顧客の事情に応じた最適なのれんを制作する事も十分可能です。

生地に関しては天然素材だけで100種類を超え、ポリエステル素材の方も
30種類以上扱っている事等も押えておきたいポイントになります。

ちなみに、日本製にこだわっており、お店で製作される製品が総じて
日本製である事等も、お店の特徴を考える上では重要な点と言えます。

オリジナルのれん製作技術について

まず、京都のれんの製品の筆頭には、古くからあるタイプという事で、無地が出て来ます。
注文によってサイズ変更が可能であり変わった仕様等が無いのでしたら、
1週間〜2週間程度で納品可能になります。

次に来るのが白生地を部分的に浮き上がらせ、目立たせる様に加工する染め抜きの手法で、
こっちは3週間〜4週間程は時間を見ないといけません。

ちなみに、染め抜きには1週間から10日単位で完成させる特急染め抜きコースもあり、
柄や文字を浮き上がらせるという事で簡単な作業ではありませんが急いで完成させる事も十分に出来ます。

製作期間の短縮と、可能な限りコストを抑えたいというのであれば
布の上にインクを落としてプリントする手法であるシルクスクリーンが2週間で、
データーを紙に印刷する様に生地にプリントするインクジェットの10日というコースもあります。

インクジェットで暖簾を作る

そして、最後にクオリティとグラデーションの美しさを重要視したいというのであれば、
手描きコースを選ぶ選択肢も出て来ます。

専属絵師が手描きで1枚ずつ絵を仕上げて完成させますので、制作期間は
最長の1ヶ月となっていますが、オリジナル製作で一品物を追求したい場合は
これでお願いするのも悪くありません。

のれんをオーダーで作る

のれんは完全デザイン入稿できる?

暖簾に使う書体

目をみはる暖簾

デザインを選ぶ


のれん通販を利用する


ぴったりののれん

「リネン」もしくは「ラミー」

無地のれん

のれんを制作する

「のれん」はお店の顔

オリジナル製作

発色に注意

sitemap