年代物っぽい見た目が素敵

暖簾と聞くと和風なものをイメージする人が多いかもしれません。
確かに、古くから親しまれており、日本らしい和の雰囲気が感じられる製品が多いと言えます。
しかしながら、近頃はヴィンテージ風のおしゃれな暖簾も多く販売されるようになってきました。

柄や色合いによって年代物っぽさが感じられるようになっており、
年代物ならではの魅力を好む人にもピッタリです。

ヴィンテージのれん

ヴィンテージという言葉から使い始めてすぐにダメになってしまうのではないだろうかと
心配する人もいるかもしれないですが、あくまでもヴィンテージ風であるところがポイントだと言えます。

年代物らしさはありますが、ヴィンテージ加工がされているだけのものが多いため
強度や品質に関して心配する必要はありません。

敢えてかすれたように加工しているものや、落ち着いたトーンの色で
仕上げられているものが多く、取り入れる場所をより素敵な雰囲気にすることができるはずです。

暖簾を取り入れたいけれど和な雰囲気は自宅と合わないと感じている場合や、
よりおしゃれな雰囲気に仕上げたいと考えている場合はこういった暖簾を
チェックしてみることをおすすめします。

アイテムによって風合いや柄などが違っているので、お気に入りのものを見つけてみましょう。

素敵な空間作りにピッタリ

最近はレトロな雰囲気が感じられるアイテムの人気が高まっています。
色々なアイテムからそういったものが販売されていますが、
取り入れることが難しいと感じられることも多いはずです。

そのようなときには、レトロな印象の暖簾を選んでみることがおすすめだと言えます。
暖簾であればさり気なくインテリアに取り入れることができるので便利です。

のれんでインテリアを楽しむ

部屋と部屋の間に設置することもできますし、リビングとダイニングを仕切るために用いることもできます。
色々なサイズから選ぶことができますが、ドア代わりになるようなサイズ感のものを選べば
見る人に大きなインパクトを与えることができるでしょう。

どこか懐かしさを感じることができるような暖簾の種類も多く、
豊富なラインナップから選ぶことができるので、
現在のインテリアにマッチする製品を選ぶことができます。

小物だけで懐かしさのある雰囲気を演出することは非常に難しいです。
比較的サイズ感の大きなものを取り入れやすい暖簾を選ぶのであれば、
手軽に素敵な空間を作り上げることができるでしょう。

おしゃれな空間に仕上げたいと思っているのであれば、暖簾の活用を前向きに検討してみてください。

のれんをオーダーで作る

のれんは完全デザイン入稿できる?

暖簾に使う書体

目をみはる暖簾

デザインを選ぶ


のれん通販を利用する


ぴったりののれん

「リネン」もしくは「ラミー」

無地のれん

のれんを制作する

「のれん」はお店の顔

オリジナル製作

発色に注意

納期は念入りに確認

レトロな空間を作り出す

のれんで涼しさの演出

インテリアデザインに活かす

sitemap