見積もりを出してもらい費用確認

京都のれんはネットでもオーダー可能な為、京都に住んでいなくても依頼する事が出来ます。
特注なども対応しており、綿の生成り注文の制作を依頼したい場合
先ずは色と加工方法を選びます。

生成り素材ののれん

京都のれんはネットで依頼する際に、フォームに必要事項を入力すると
のれんの見積もりを事前に出してもらう事が出来ます。

もちろん見積もりは無料で出来るので、事前にどの程度の費用がかかるのかを把握する事が可能です。

様々な印刷の要望なども受け入れていただいている為、特別な想いや
独自のこだわりがあるのれんを作りたいという方には
是非一度相談すると良いでしょう。

また、1点からでも大丈夫ですし、大量のオーダーも受け付けています。

京都のれんは、様々な環境の方にも幅広く対応しているのがとても魅力的です。
すべて日本製で、高品質や職人が丁寧に心を込めて制作した物は
多くの人々に満足していただいている物です。

お店の顔として街行く人々の目に留まる様な、心を引きつける印象を
与える事ができ、お店の集客にも繋がります。

更に、独特の個性を作り出し、お店や商品のイメージとして人々にアピール可能です。
魅力的な和のテイストやデザインなど個性ある物に仕上げてくれます。

インテリアや商店の店先へ

のれんはインテリアとしてもも様々な使い方がありますが、室内の仕切りは
扉と比べると柔らかく風が通せてより開放的に利用出可能です。

天井から床まで届く様な長いサイズの物から、ちょっとした目隠し様として
短めのサイズまで様々な用途で使えます。

のれんのサイズ

扉を使うと閉塞感があったり、季節毎に変更出きませんが、
のれんは模様替えの際にも利用でき大変便利なアイテムです。

軽い布を用いる事で明るく涼しげな雰囲気を演出し、夏用として風通し良くとても魅力的です。

色合いや素材によって夏場の暑い季節が涼しく感じられて
快適の空間を作り出します。

冬には激しい寒さを凌ぐ為に厚い布を用いて使用します。
横方向や縦方向両方主流となっております。

冬に使っていた暖廉は商業などお店を開店している意味を表す物となり、
開店の際に店先へ出し閉店して店内へしまうというのが一般的です。

場所と場所を区切るといった実用的な使い方もありますし、
お店の開店や閉店のサインとしても利用される様になりました。

お店にとっては、店に入る前から雰囲気を演出出来て、イメージやお店の価値、
または独自のスタイルを知る事へと繋がります。

インテリアだけでなく、人々にインパクトを与えてくれるでしょう。