公演開始日までに贈ることがマナー

楽屋暖簾は役者や俳優に応援の気持ちを伝えるために便利なアイテムです。
ベテランの中には毎回舞台などのたびに受け取ることが
当たり前になっている人が多いですし、若手に対しても
贈られることが増えています。

これを制作して贈りたいと考えているのであれば、
基本的な贈り方を理解しておくことが大切です。

実際に舞台を観る場合は当日にプレゼントボックスなどに入れれば
良いと思うかもしれませんが、楽屋暖簾の場合は事前に渡しておくべきだと言えます。

公演日までに間に合うように贈っておくことが望ましいです。
たとえ自分が見に行く日が公演開始日でなかったとしても、
初日に間に合うように手配しておく必要があります。

納期の把握

事務所に届けるべきか会場に届けるべきかは、
その人が所属している事務所や出演する舞台によって違うため、
事前に問い合わせておくことがおすすめです。

多くの場合、事務所宛てに発送することになるのですが、
前日や当日の朝に届く場合は場所やスケジュールの関係から
楽屋まで運搬することが難しくなる可能性があります。

余裕を持って早めに届けられるようにしておくと、
公演日から楽屋暖簾を飾ってもらうことができるでしょう。

納期をチェックしておこう

早めに贈ることができるようにするためには、依頼するサービスで
納期を確認しておくことも大切です。

楽屋暖簾づくりについて調べていると、目安納期が紹介されていることもあります。
ですが、目安はあくまでも目安です。
自分が利用したいと考えているサービスは、もっと長い日数を必要としているかもしれません。

想像していたよりも制作に日数がかかってしまい、
間に合わせることができなかったという問題が
発生する可能性があるので、納期に注意しておくことが大事です。

楽屋暖簾は既製品を購入するわけではなく、相手の名前やロゴ、
紋などを入れてもらってオリジナルで制作することになります。

既製品を買う場合は翌日に受け取ることができることもありますが、
オリジナルなので2週間以上の日数を要するケースが多いと理解しておくべきです。

2週間から1か月の間で受け取れるケースが多いものの、
打ち合わせの回数や利用したいサービスの忙しさなどによって
楽屋暖簾の納期は違ってきます。

楽屋のれんの制作

公式ホームページからチェックしたり、問い合わせから確認したりすることで、
届けたい日にちに確実に間に合わせることができるようにしておくことが重要だと言えるでしょう。

のれんをオーダーで作る

のれんは完全デザイン入稿できる?

暖簾に使う書体

目をみはる暖簾

デザインを選ぶ


のれん通販を利用する


ぴったりののれん

「リネン」もしくは「ラミー」

無地のれん

のれんを制作する

「のれん」はお店の顔

オリジナル製作

発色に注意

納期は念入りに確認

レトロな空間を作り出す

sitemap