時代を問わず愛される柄

インテリアデザインが地味すぎると感じた時には、
のれんに美しい柄を描いたものを飾ることで室内のイメージが大きく変化します。

絵柄が描かれているデザインは派手さをアピールしやすい点が魅力的ですが、
落ち着いた見た目にしたいのならボーダー柄の生地を選ぶのがおすすめです。

ボーダーののれんデザイン

のれんを見ているだけで心が落ち着いて、おしゃれに感じられるのが
ボーダー柄を選ぶメリットで、インテリアデザインのテーマに合わせて
色合いを変えるだけで印象も変わります。

情熱的なイメージをインテリアデザインに加えたいのなら、赤色と白色などを並べてください。

室内全体のイメージを明るくしたい時には、のれんに黄色を入れるだけでも
印象が変わるだけでなく、子どもが喜ぶ見た目になります。

ボーダー柄はファッションアイテムに古くから活用されてきた歴史があり、
古臭い印象になりにくいのも魅力の一つです。

清潔感もあるデザインなので、のれんを飲食店に飾りたい時にも
便利な柄として注目されており、日本人だけでなく海外の人から見ても
馴染み深い柄という点でもおすすめできます。

カジュアルさと高級感を兼ね合わせた柄になりやすくて、季節に合わせて色を変えやすいのも特徴です。

暑苦しさを感じさせないデザイン

夏場の暑さに苦しまないために空調設備を整えるだけでなく、
インテリアデザインも変えていきたい時にも、のれんが活用されることが増えています。

模様にこだわることで生地が持つ印象を大きく変えられて、
暑さを忘れさせるような見た目にすることも可能です。

特におすすめなのが水色や白色などを混ぜ合わせたデザインで、
そよ風をイメージした見た目にすることで、生地が風で揺れるたびに
涼しげな印象を与えられます。

涼しげなのれん

風で生地が揺れやすくなるように軽量な素材を使うなど、
素材を選ぶことも重要だと考えてください。

麻素材は通気性でも優れていて軽量なので、のれんを夏に飾りたい時にも
最適な素材だと言われており、1枚あたりの価格の安さでも愛されています。

日本の夏にぴったりな素材として古くから愛されてきた歴史もあり、
速乾性で優れているので湿気が高い場所に設置しやすいのも特徴の一つです。

発色性が良い麻素材を使うことで絵柄なども目立ってくれて、
存在感のある生地になる点でも人気があります。

のれんを使い込むことでデニムのような味わいが出てきて、
光沢感を楽しめる素材として有名で、有名な旅館や飲食店などが
麻素材を活用することも珍しくありません。

のれんをオーダーで作る

のれんは完全デザイン入稿できる?

暖簾に使う書体

目をみはる暖簾

デザインを選ぶ


のれん通販を利用する


ぴったりののれん

「リネン」もしくは「ラミー」

無地のれん

のれんを制作する

「のれん」はお店の顔

オリジナル製作

発色に注意

納期は念入りに確認

レトロな空間を作り出す

のれんで涼しさの演出

インテリアデザインに活かす

sitemap