和食料理店の「のれん」デザインのヒント

のれんは店の顔となるものです。
自分の城である店を建てるのならのれんにも
こだわりを持つべきでしょう。

個性的に

オーダーメイドなら自由に制作できます。
とはいえデザインを自分で一から考えるのは
簡単なことではありません。

世の中にデザイナーという専門職がある以上、
専門職に任せるのが一番でしょう。

和食料理店ならもちろん、店の外観や内装も
和な作りになっているでしょう。

その雰囲気を壊さないようなデザインを選ぶことが大切です。

ただし、和の雰囲気だけを考えていると
既製品と似たようなものになってしまいがちです。

せっかくの自分の店ですので、ワンポイントでも
店主である自分の個性ものれんに取り付けることも
他店との差別化をはかるためには必要です。

店名のフォントやのれんの生地、色など、
和食料理店らしいデザインにするための
ポイントはたくさんあります。

他店やデザインサンプルなどさまざまなパターンを見て
自分流のデザインを何となくでもいいので
思い描くようにしてみましょう。

絵でなくてもコンセプトを箇条書きで
書き記しておくのもいいでしょう。

こういうデザインを作りたいとわかれば
デザイナー側も案を出しやすいです。

プロに相談する

一からオーダーメイドで依頼すると完成までに
時間がかかることもあります。

こだわればこだわるほどデザイナーとの
綿密な打ち合わせが入るためです。

あらかじめデザインサンプルなどが用意された
制作会社を利用するとデザインの草稿が短縮されるので便利です。