のれんの配色

のれんはその店舗の看板のような役割もあり、
デザインや配色などによってその店舗の個性や
こだわりなどをアピールすることが可能です。

店舗の前を通る人にも配慮し、シンプルで印象的な
デザインが良く、遠くからでも映えるような配色が良いでしょう。

アピールできる

例えば赤色はのぼりや旗でも使用されている人気のある色です。

自然と目に飛び込んでくるので、アクティブで
エネルギッシュなイメージがあり、赤色だけではなく
黒色や黄色などの色をプラスすることによって、
より効果が大きくなるでしょう。

緑色は心身のバランスをとったり、安定させる
働きがある色で、ドラッグストアや病院の看板に
使われていることがあります。

野菜の新鮮さをアピールしたり、ガーデニングを
売りにしている店舗でもよく使用されているでしょう。

オレンジなどと併せることによってインパクトがあります。
青色は知性や平和、誠実などのイメージがあり、のぼりや旗では
よく清涼飲料水やスポーツ関係など利用されている頻度が多く、
ポピュラーな色です。

ネイビーになると、重厚さやラグジュアリーなイメージを
伝えたり、濃い色合いに白ヌキの文字を入れると、シックで
スタイリッシュなデザインになるでしょう。

近年のれんはオーダーメイドで製作することができ、
サイズはもちろんデザインや配色などもユーザーの希望や
ニーズにマッチさせることが可能です。

こだわって

素材にもこだわることで、その店舗オリジナルの
スタイリッシュなデザインなものに仕上げることができるでしょう。